コストを抑えて目立たせる!用紙選択の裏技!

「「コストを抑えて目立たせる!用紙選択の裏技!」」

 

チラシのサイズは大きい方が、反応率は上がると言われています。

できればB3サイズでチラシを作成したいけど、予算がない。
仕方なくB4でチラシを作成する。
こうしたことは、よくある話ですが、B4よりも少し大きなD4というサイズがあるのをご存知でしょうか?

B4紙面サイズ 268mm × 382.5mm 絵柄寸法257mm × 364mm
D4紙面サイズ 268mm × 406mm 絵柄寸法257mm × 385mm

D4紙面は、

横幅が23.5mm大きく、絵柄は、横幅が21mm大きくなるということになります。

 

D4チラシは、B4よりも飛び出しているので目立つ

サイズが大きいということは、他社のB4チラシに比べ(ほとんどB4が折り込まれます)
新聞に挟まれているチラシ群の中でD4は飛び出しています。

また、B3は2つに折られているので、B4サイズと同じ高さになります。

D4サイズで印刷をすると、他社のB4、B3チラシよりも頭が大きいということになります。

写真1

D4チラシは、情報量が多く掲載できる!

D4サイズのチラシの最大の魅力は、B4に比べ情報量をより多く掲載できるということです。印刷面が5.7%も面積が広がります。

ですから、商品の掲載件数を多くしたり、説明を詳しくできたり訴求プラフαが期待できます。

写真2

 

D4とB4の価格比較は?

D4とB4の折込料金は同じです。

問題はチラシの印刷費です。

通常、D4サイズはB4よりも大きいので、チラシの印刷費用は上がります。

しかし、紙を変えることで、サイズを大きくしてコストを下げることもできます。

 

例えば、コート<53K>の紙を使用していたとしましょう。

チラシの印刷価格は、各社の平均を見ると、

10万部印刷で、

15万円~165,000円となっています。

当社の場合、

スーパー白更<57K>をご利用いただくと、D4サイズで、128,700円となります。

つまりサイズを大きくして、2万円以上のチラシ印刷のコストダウンになるのです。

 

これが、B3とD3の比較になると、

コート<53K>でB3チラシを10万部印刷した場合、25万円~26万円となります。

スーパー白更<57K>をご利用いただくと、D3サイズで、217,800円となります。

折込回数の多いスーパーさんなどは、すでにご利用いただいています。

※記事でお話している価格は税別、送料別になります。

また、価格は今後変動することもありますので、ご発注の際は事前にお見積りを確認してください。


まとめ

東京のあるスーパーさんは週に3回折込チラシを配布しています。

サイズはB3が多いですが、B4の日もありますし、Dサイズで折り込む日もあります。

また、通常、チラシは表面がカラー、中面が2色という構成になりますが、

このスーパーでは、表が2色、中面をカラーにしています。この時に使用するのは、更紙です。

写真3

このように、サイズ・紙質・色数を考えながら、最もコストパフォーマンスのいいチラシを見つけていくこと。

それがチラシ印刷のコストダウンに繋がるのです。

チラシ印刷コストダウン.comでは、チラシ印刷のコストダウンとレスポンスアップの提案を行っています!

見積や資料請求は下記よりお願いします。

paper_sample2

 

チラシ印刷コストダウン.comの連絡先です。

Top